掲示板
  • SORENA(ソレナ)
  • ガールズトーク
  • プリクラ
  • 23モ
  • フミプレ

【重要】フミコミュリニューアルのお知らせ

<11月17日 アカウント移行手続きについて更新>

【重要】フミコミュリニューアルのお知らせ

<11月17日 アカウント移行手続きについて更新>

ジャニーズJrへ戻る

複雑恋模様

[コメント] 9

108012565059fbd184b2eb8.png
guest
赤い果実 121.106.234.81 2017/11/03 11:16:34  削除依頼

HiBの小説書きます!

投稿する

更新する全件表示

guest
47143231459fbd3308ba28.jpg

No.1 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/03 11:23:44 削除依頼

大体の設定です!
主人公は○○、龍我は彼氏の弟、那須が彼氏で、幼馴染。
それからどんどん、HiBメンバーが出てきます!



guest
94932514459fbe685830f9.jpg

No.3 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/03 12:46:13 削除依頼

きもとか言わないで~笑
まぁ、読んでくださいよ~!



guest

No.4 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/04 06:16:54 削除依頼

-龍我side-
女「付き合ってください!」
龍「ごめんなさい…」
このやりとり、何回目だろう。まだ、なれる気配はないな。
女「そっかー…残念。龍我くん、好きな人いるの?」
龍「う~ん、わかんない!」
女「何それ~!笑 ありがとね!ばいばい!」
ばいばーいって、無邪気に手を振ってるけど、本当は誰よりも気づいてる。好きな人がいるって
でも君は…
○「龍ちゃん?」
龍「あっ…○○ちゃん!こんにちは!」
○「やっぱり!龍ちゃんだった~!」
この人が僕の好きな人、○○ちゃん。○○ちゃんは、年上だけどかわいくて、でも身長は僕より小さい。
雄「龍我?今帰りか。」
この人は…僕のお兄ちゃんの雄登。雄登兄ちゃんと○○ちゃんは…恋人なんだ。



guest

No.5 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/04 06:22:43 削除依頼

○「龍ちゃんね~、告られてたんだよ♡」
え…見られてたの…?
雄「まじで!?龍我やり~!」
龍「やめろよ…」
○「あ~!照れてる~!か~わいい♡」
雄「龍我~、照れんなって!」
龍「やめろって!!」
我慢できなくて、叫んだ。
○「龍ちゃん…」
重苦しい空気に耐えられず、走り出した。
涙が出てくる。止まらない。
走って、走って、涙が止まるまで、ずっと。



guest

No.6 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/04 08:46:40 削除依頼

ようやく涙が乾いたころ、僕は橋の上にいた。
想い出の橋。
雄登兄ちゃんと○○ちゃんは幼なじみで、僕は小さいころから、○○ちゃんを知っていた。
4歳の僕は、橋が怖くて一歩も歩けなかった。
そんな僕を、○○ちゃんは抱きしめてくれた。
"龍ちゃん、大丈夫。怖くないよ”
そういって○○ちゃんは手を繋いで一緒に橋をわたってくれた。
忘れちゃったかもしれないけど、僕は鮮明におぼえている。
夕日のオレンジも、○○ちゃんのにおいも、つないだ手のあたたかさも。
それが、僕が○○ちゃんを好きになったきっかけだったから。
○「龍ちゃん!!」
橋の向こうから、○○ちゃんが走ってくる。
龍「○○ちゃん…」
○「龍ちゃん、ごめんね!!嫌な思いさせちゃったね。本当にごめんね!」
必死に謝る○○ちゃんを見て、つい吹き出してしまう。
○「龍ちゃん…?」
龍「大丈夫だよ。僕もごめんね。きつかったでしょ?まだ息キレてるよ。」
そういってタオルをわたした。○○ちゃんが汗を拭いて言った。
○「懐かしいね、ここ。昔通ったよね。」
龍「えっ…。」
○「おぼえてないかぁ。4歳だったもんね。怖いって龍ちゃんが泣きだして、大変だったんだよ~!」
おぼえて…いたんだ…



guest

No.7 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/04 08:55:02 削除依頼

龍「おぼえてたよ!僕、ずっと!!」
○「本当?よかった~!…あのさ、龍ちゃん、泣いた?」
龍「え…」
○「鼻、まっかだよ。」
あ…そうだ。僕、泣いたあと、いつも鼻が赤くなるんだった。
○「昔、ここで泣いたときも、すーっごく真っ赤だったんだよ!トナカイみたいで、かわいいんだよ~!あはは!」
やっぱり、僕は”かわいい”なんだ…。
○「龍ちゃん、本当にかわいいよねー。昔はずーっと、雄登にくっついて離れなかったし、抱っこしてもらってたもん!」
あはは!と無邪気に笑ってる。
いつもは僕も笑えるけど、もう限界だ。
僕だって…”かっこいい”男だって思わせたい。
今は雄登兄ちゃんだって大きいし、力だってある。
もう無理…。限界だ…。○○ちゃんを
奪いたい…



guest

No.8 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/04 09:55:06 削除依頼

[ぐいっ]
○「え…龍ちゃん!?」
○○ちゃんをお姫様抱っこする。
○「何してるの!?お…おろしてよ!」
龍「僕は…○○ちゃんが好きだ!!」
止まらない。歯止めがきかない。
○「え…?」
龍「今は雄登兄ちゃんよりも、○○ちゃんよりも背が高いし、力だってある。○○ちゃんのことを抱っこすることもできるよ。僕、男だよ?」
○「龍…ちゃん…?」
龍「そんなに必死に追いかけてきたり、そんなに無邪気に笑われたり、なのに子ども扱いされたり…もうたえられないよ!!僕だって…1人の男だよ!!」
そう言ったら、○○ちゃんが暴れだした。
○「龍ちゃん!お…おろしてー!!」
バランスが取れなくなって、つい○○ちゃんを離してしまう。
龍「○○ちゃん、聞いて。」
○「…。」
龍「僕は○○ちゃんが好きだよ。」
告白してるのに、涙が出てくる。
思いを伝えられてるのに、止まらない。
感動?違う、そんなんじゃない。
この涙が止まらないのは…
答えがわかりきってるからだ。



guest

No.9 赤い果実 121.106.234.81
2017/11/05 16:42:09 削除依頼

○「龍ちゃん…。」
雄「龍我。○○。」
雄登兄ちゃんが僕たちのところに来た。
雄「ここにいたのか。早く帰るぞ。」
なんだよそれ。本当に気に入らない。その爽やかな笑顔。
このタイミングで来たのも、きっと計算なんだろ?
告白して、フラれる前に割って入ってきて、僕が傷つかないようにするためだろ?
きれいごとばっか並べやがって。
[がっ]
龍「僕が今何してたかわかった!?」
雄登兄ちゃんの胸ぐらをつかむ。
○「龍ちゃん!?」
龍「今○○ちゃんに告白したんだよ!?なのに、僕に何も言わないの!?」
あふれだす、僕の汚い心。
龍「いつもいつも周りのためって言って…。雄登兄ちゃんは何で人のためばっか動くの!?もっと感情的になれよ!!」
雄登兄ちゃんはいつも優しい。
○○ちゃんは、そんな兄ちゃんのことが好きになったんだろう。
雄登兄ちゃんは悪くないのに、口も涙も止まらない。
雄「お前に何がわかんだよ!!」
雄登兄ちゃんが僕の胸ぐらをつかんだ。
雄「お前の気持ちに気づいたとき、どんなことすればよかったんだよ!!自分の大切なやつが、好きな人のことを好きって知ったとき、どう動けばよかったんだよ!!」
雄登兄ちゃんも泣き出した。
あぁ…そっか…雄登兄ちゃんは…
僕の気持ちに気づいてたんだ。



このタイトルには現在9件のコメントがあります。 最大500件まで投稿できます。
\投稿の注意事項/
フミコミュ!はネット上だけで交流をするコミュニティサイトであり、出会い系サイトではありません。
住所、電話番号、メールアドレス、アプリのID、ゲーム機のフレンドコードといった個人を特定できる書き込みや、恋人の募集は全面的に禁止しております。
また、相手から情報を聞きだす行為や直接会おうとする行為も禁止しており、サイバー犯罪の予防・対処のため「サイバー犯罪相談窓口」に通報をする場合もあります。ルールを守ってご利用下さい。
利用規約を読む!
ニックネーム   このタイトルを上に表示する
※10文字まで。
画像
※おえかきツール・画像BOXを利用される会員さんはしてください。
コメント
※1000文字まで。
※LINEのIDやメールアドレスなど、個人情報の書き込みは禁止です。
※個人情報・アカウント情報・メールアドレスなどの交換や譲渡を目的として外部サイトに誘導する書き込みも禁止です。
※万一そのような書き込みを見かけても、危険ですので絶対に連絡をしないでください。

  • 上へ
  • 上へ
レコメンド
ワンポチランキング
  • 恋もおしゃれも勉強もぜ〜んぶいただき!進学先は第一学院高等学校に決定!
  • 新スタイルLIVE授業ふみスクール
  • プロのカウンセラーに無料相談
  • ふみチャンネル
  • 第一学院高等学校で自由に選べる勉強スタイル
  • カウンセリング

    友だちや親など、誰にも言えない悩みをプロのカウンセラーに聞いてもらおう!
     
  • 【10⁄2更新】プレゼントコーナー10月号

    秋のモテ服当たる★簡単なアンケートに答えて応募してね!