掲示板
  • SORENA(ソレナ)
  • ガールズトーク
  • プリクラ
  • 23モ
  • フミプレ

【重要】フミコミュリニューアルのお知らせ

<12月7日 メンテナンス日時について更新>

【重要】フミコミュリニューアルのお知らせ

<12月7日 メンテナンス日時について更新>

小説へ戻る

左心室に住む人

[コメント] 74

guest
アーモンドミルク 221.248.25.104 2017/09/28 23:13:33  削除依頼

恋バナのほうでコメントしているアーモンドミルクです。私はこんな小説を考えてみました。

〜登場人物〜
富岡 美智…中学三年生。小学校が同じ楓(かえで)を意識しつつある。
木下 楓…美智と同じ中学三年生でクラスメイト。初恋はまだ。
丸山 香…美智の親友。高校に彼氏がいる。
鳩山 悠…香の彼氏。香を愛しつつ美智のことをサポートしている。

〜あらすじ〜
『左心室に住みついて…!』
私はこの一言で人間関係を左右できる。理科で習った心臓の作りの一つ─左心室─は一番丈夫で守られている。今までたくさん住み着いてるけどな持ちしないのはなぜ─?

更新する全件表示 <1 2 3

guest

No.62 アーモンドミルク 219.100.137.235
2017/10/21 13:54:52 削除依頼

乗り換えを繰り返した末に今は新幹線に乗っている。もう香と悠はお似合いですねぇ♥羨ましい…。するとそれに気づいたのか、楓が
『美智?』
って言ってきた。
「…ファ〜い…?」
実はすごく眠いのだ。
『眠そうじゃんw一緒に寝る?』
もうそれ以降記憶はないから、多分寝たのかも。しばらくして。乗り過ごしてないか不安になって起きた。今は大宮駅に止まってるみたい。変なオッサンの声で起きたけど。楓は起きてなかった。でも…。楓の寝顔が未だにかわいい。



guest

No.63 アーモンドミルク 219.100.137.235
2017/10/21 14:03:44 削除依頼

※美智の回想です。

多分小学三年生の時だっただろうか。楓の両親が出張がかぶって一泊だけ私の家に来たことがある。
『美智ちゃんと寝るね!じゃあ、一緒に寝よ?』
「ええっ?!…ああっ!!良いよ!」
しばらくして。小声で目を開いて
「眠れない…」
と言いながら楓の寝顔を見たとき。可愛くって可愛くって。その顔を見た瞬間にまたぐーすか寝てしまった。タイプやイメージなどたくさん変わっていったけど、今でも寝顔の可愛さは変わらない。



guest

No.64 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/21 23:32:41 削除依頼

『まもなく〜高崎〜高崎で〜す。』
独特の言い回しのアナウンスで全員目が覚めた。
『ヤバくね?!急いで準備しよ!』
悠が焦って言った。
『もうっ!まだだよ!』
香はツッコミを入れてまたもやラブラブオーラ噴出。それに気づいたのか楓が
『荷物持つから』
と言って私が整理した荷物を持ってくれて。そして、高崎で降りた。でっかいなぁ〜。悠はちゃんと調べてくれてるから迷子にはならないはず。
『ねえ、悠?バス内で食べるお菓子とか買い足していい?』
『車内で食いすぎるからだろwまあ、待っとくから買ってこいw』
香ってお菓子オタク(?)だからもう無くなってしまったらしいのだ。太っちゃいそうだけどな…。何とか香の買い物は終わって、次はバスターミナルに行くのだ。実は悠がそこから軽井沢までつながるバスを予約してくれたのだ。さっすがだわ〜。今は午前十一時。すると。
『バスターミナル集合は午後一時だから、みんなでお昼食べよー!』
って悠が言い出した。というわけでファーストフード店に行った。高崎だから現地限定のものないかな〜?残念ながらなかったのでとりあえず通常通りのものを注文して食べたのだが…!香が、
『ね〜ね〜、デブっちゃうから悠食べてw』
ってブーブー文句を言い出した。なので。
「お菓子取り上げよっか?」
って冷やかしたら。
『ピギャア〜〜!!ごめんなさいっ!』
と叫んで食べ始めた。横目で悠と楓を見たら。今すぐにでも吹きそうなくらいクスクス笑っていた。もうっ!変に恥ずかしいじゃん!



guest

No.65 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/21 23:43:28 削除依頼

何とか全員食べ終わって。バスターミナルに向かった。そして眠いだのブーブーまた文句を言い出した香を引っぱってバスに乗りこんだ。そして。
『しばらくバスで座ってるからトイレ行っといて。乗ったらそのまま寝ちゃって!』
と悠が先生みたいに言い出した。何とか全員が終わって寝始めた。すると。隣に座ってた楓が私に寄りかかって来た。顔が近くてどぎまぎしたけど。そのまま私も楓に寄りかかって寝た。暖かくてなんだか気持ち良かった。



guest

No.66 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/21 23:54:51 削除依頼

『…美智…?もうすぐだよ…。』
「…ファ〜い…?」
楓の声で起きる。今は午後四時。話によれば、渋滞に巻き込まれてすごい遅くなったらしい。
「え?じゃあ、悠さん?ホテルに連絡はしたんですか?」
思わず聞いてみると。ケラケラ笑いながら、
『大丈夫に決まってるじゃんw気にしないでw』
そして軽井沢駅前についた。そして最後はホテルから出ているミニバスに乗って行った。ホテル到着まですぐだったので、トイレだけ済まして寝ないで乗り込んだ。少し外に出たけど案の定寒かった。いざというときのためにネックウォーマーを持ってきてたので、それで一安心。しかも今は生理期間じゃないし、旅行の一週間前に終わったから良かった〜。香も一昨日にギリギリで終わったらしいので気楽。そして。高級そうなホテルについた。初めての恋人(?)との旅行。うまくいくかな。



guest

No.67 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/22 22:32:27 削除依頼

ガチャン。って…!部屋でっかっ!さすがにスイートルームではないけどそれなりに広い。ベッドは…。多分キングサイズのやつで…二つ!?敷布団とかはおいてないらしいし…。ってことは…?
『ねーねー悠?一緒に寝れるよ〜♥』
『うるせーしw変に恥ずかしいじゃんw』
二人一つってこと…!?楓を横目で見ると。案の定嬉しそうだった。好きな人だからいいけど楓殺すかもしんないんだよ?!だって私の寝像ヤバイし寝顔も幽霊並みに怖いんだから…!他のところを見てみると…。トイレはキラッキラで使いやすそう。お風呂は付いてるけど温泉に行くことになってるからいいや。まあ、実際キラッキラだけどね。机はガラスなの?!透明のやつだよ?!テレビも置いてあるし。そしてどういう訳だか、ミニキッチンまで付いている。まあ火を使う所はなく、お茶入れるための小さいカウンターみたいな感じだけどね。だから紅茶とかの素が入った箱まで用意されてるし。これだけ豪華だったらスイートはどんだけデカイんだろ?!みんなそれは同じで。
『広い〜♥』
『でかすぎたかなw』
『場所間違ってないよね?!』
って驚いていた。すると。
『ああっ!地下のレストランでバイキングやってるらしいから急いでいこ!』
と悠が叫んで、階段ダッシュで行った。



guest

No.68 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/22 22:48:47 削除依頼

(みんなで)『いっただっきまーす!!』
バイキングの内容、やばかった。黒毛和牛のミニステーキもあれば、カニの殻の中にカニグラタンを詰め込んだものもあったんだよ?!和食ももちろんあったし(全部完璧と言っていいくらい)、ドイツ産の高級ウインナーまであるし。悠どんだけ金持ちなんだよ〜!だってさすがにこれだけあればかなりいい値段するし。あれも〜これも〜ってやってたらあっという間にお皿が肉で満たされちゃったし。(香にはデブっちゃうよって怒られたけどw)悠と楓のお皿を見ると。悠はしっかりとバランスがとれた和食にしてる。さすがだわ〜。一方楓を見ると。楓はしっかりとバランスがとれた洋食になっていた。男子の皆さん。すごいです。私みたいなのを鼻で笑っちゃうよね…って思いながら香のお皿を見たのだが…。ベジタリアンだからという理由で、サラダとかしかなくて。強いて言うなら、冷しゃぶしゃぶサラダ的なのがあった。まあ、悠に強制的に食べさせられてるんだけどね。まあ、でもやっぱり美味しい。男子の前だからという理由で、少し前に正しい食事のマナーを香に教えてもらったからあまり恥ずかしくない。(料理以外はだよ…)でも。
「…?!」
楓ったら!私の口に無理やりブロッコリー入れてきやがった。まあ、好物だしいいけどね〜…って…!いま間接キスしなかった?!だってさっきのフォークは楓のやつだし。一人でワタワタ慌てていたら。三人全員クスクス笑っていた。もうっ〜〜〜!!超恥ずかしいじゃん!



guest

No.69 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/22 23:08:38 削除依頼

♨移動&体洗い中♨
─女子ぶろにて─
『気持ちよすぎるよ〜♥』
「それな〜って…!あんた顔…!」
顔がどすっぴんだから幽霊みたいで怖いのだ。(ちょっと大げさすぎたか。)
『いいよなぁ〜♥美智はすっぴんでも美人だし。胸もデカイしw』
と言いながら胸を触ってきたので。
「変態おばさんキモイw」
『お前もなwww』
やっぱり香は一緒にいて楽しい。それはきっと香も同じなのかな。
─男子風呂にて─
『楓の腹筋半端ないわwwwプロテイン飲んでるよね?』
「いえいえ!よく聞かれるけど飲んだことありませんw自分で毎日暇なときはずっと鍛えているだけなんで。」
やばいな。俺も鍛えないと香がお小言言い出すし。まあずっと前からのことだけど。
「何パック?」
『見ます?』
バキバキバキバキバキッ…!腹音神ってる。ええっ…?!ほぼ10パックだし!?
『8パックは確実に割れてて腹音もしっかり鳴るけど、あと2パックは割れたけど腹音まだだから今鍛えているんです。』
すごいな。自分は部活で鍛えているから腹筋は6パック行けそうだけど楓には叶わない。でも。香のためには何でもしてやりたい。香はマッチョが好きって言ってたから。



guest

No.70 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/22 23:22:10 削除依頼

ガチャン。
「ただいま〜置いてくな〜www」
『ただいま〜置いてくな〜www』
男子達ったら私達のこと置いてったんだし。
『だって遅いんだもんwww』
と悠が言えば。楓は口をへの字にして
『俺らのこと考えよーよwww』
と言ってくるし。
「器狭すぎだよwww」
『それな〜www』
と言い返した。って…!男子達上半身裸だよ?!って…!悠って意外にマッチョなんだね。と思えば案の定香は悠に飛びついた。それでまたもやラブラブオーラ噴出。良いよなぁ〜。と思いきや。楓に後ろから抱かれた。風呂上がりのせいなの…?とにかく暖かい。筋肉質の楓の肉体に強く抱かれた。ちらっと見ると。やっぱりどの筋肉もすごい。近いから心臓の鼓動まで感じられる。どぎまぎしたまま気づけば夜の10時。本当は愚痴タイムとか雑談タイム欲しかったけど明日とかでいいかな。楓は上半身裸のまま私を抱いて寝てしまった。筋肉質の体には変わったけど寝顔の可愛さは未だに変わらない。その可愛さに癒やされながら寝た。



guest

No.71 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/23 07:46:56 削除依頼

ビビビビビっっっっ!!!
私の目覚ましでみんな起きた。
『美智の目覚ましうるせーしw』
と楓が言えば、香は口をへの字にして
『女子なんだから可愛い音に変えよーよw』
と言い出した。そうこうしているうちに悠は、
『今日はテーマパーク的なの行くからねー』
と言い出した。とりあえず今日は香とおそろいにしようかな。というわけで白Tシャツの上からカーディガンを羽織り、ミニスカと刺繍付きタイツを履いた。香は、上半身おそろいだが、下はプリーツの黒ミニスカに白のレース靴下で合わせている。男子達は案の定それを見てゆでダコ状態だった。大成功!!と思いながら男子の服を見てみると。悠は青のYシャツに白っぽいジーパンを合わせている。上からは紺のセーターを羽織っている。さすがだわ。もはや紳士服なんじゃないのw楓は制服の白Yシャツにデニムのジーパンを合わせている。上からはグレーのカーディガンを羽織っている。どっちもそれなりにセンスあるね〜。
『朝ごはん始まるから出よっ!』
そう。この後は優雅なお食事タイム。何が出るかな〜。



guest

No.72 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/23 09:04:35 削除依頼

(みんなで)『いっただっきまーす!』
パクっ。むしゃむしゃ。ん〜♥焼きたてクロワッサンは中がフワッフワで美味しい。サラダも高級ドレッシングのお陰でいつもより美味しく感じる。オムレツも中の肉がジューシー。話によれば、肉は国産の黒毛和牛なんだとか。朝の必須項目の牛乳は近くの牧場で育てたジャージー牛の濃厚ミルクで、言うことなしっ!デザートはいちご果肉たっぷりタルトとブルーベリー&ミントのヨーグルト。使っている乳はもちろん近くの牧場。
『美味すぎるわ』
悠は金持ちだからいいよなぁ〜。香のお皿を見ると。チョコ味のコーンフレークにあのミルクをかけて美味しそうに頬張っている。朝だからさすがにしっかり食べている。楓は和食揃いで、白ご飯になめこ汁、ほうれん草の卵とじに黒毛和牛のミニ焼肉。さすがだわ。そしてあっという間に優雅なお食事は終わってしまい…。
『今から行くよ〜!』
この後は前回のデートもどきの復活版。上手く行きますように!!



guest

No.73 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/23 22:53:44 削除依頼

『只今より〜スーパースターゴーストが〜作動しま〜す。乗りたい方はお早めにお並びくださ〜い。』
何それ?でもそれはみんな同じで。香なんて、
『悠?それって美味しいの?』
とか聞いちゃってるし。
『作動するって言ってただろw食べ物じゃねーからw多分ジェットコースターだからw』
そーだよね…?たしかにそうだわ。楓を見ると。私を横目でそっちも見ていて。ニヤニヤしている。
「乗る…?」
『乗んないと殺すよ?www』
怖いです。辞めてください。ってか…!
「…ってかさ、このジェットコースターって昔事故って女の子死んで、ある場所行くと幽霊になったその子が襲ってきて帰れなくなるんじゃないっけ?!死んでも嫌っ!マジでやめてよね!」
そう!でも実は単なる作り話なの!だってめっちゃ高そうだし、今日最初の先客悲鳴しかあげてないし…。でも…。
『気違いかよwwwそんなんじゃあさ、今頃客いるかよwww怖かったら捕まっていいからなww』
チッ…!バレちゃった!どうしよ…?私は高所恐怖症だから病院運ばれるかもよ…?
「高所恐怖症で吐くから辞めて」
でも…。それはすぐバレて…。
『ホントかも知んないけどそれはそれでいい思い出じゃん?』
いやいやいや。楓からすればいいかもしんないけど、私を考えようよ。…そうだ!
「じゃあ、あそこまで全力疾走して先にあそこ着いた人が乗るってどう?」
私は小学校時代、陸上部入ってたから自信はあるんだよね。
『へ〜?受けて立つよ!俺はこの体でお前に勝ってやるよwww』
な、何だか悪者のセリフっぽかったんだけど…。まあいいや。でも、それだけ自信あるってことは…?ヤバくね?!死んでも勝ってみせるって!そして。香の可愛すぎる声でスタートした。って…!楓速っ!!!!10mくらい引き離されてる?!頑張って追い上げようとしてもそれは1秒くらいしか出来ない。あんなのに乗りたくないよ…!すると…!



guest

No.74 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/23 23:26:52 削除依頼

『後は俺やるから…!』
うええっ…!!なんで悠が行くの?!香嫉妬するよ?!いいの?!一人でワタワタしながらもバトンパスした。すると。
『悠!美智の分までしっかりね!』
悠に応援したあと、ボソッと
『私が出したの。だから応援して!』
嫉妬はしなさそう。
「ありがとうございます!頑張って下さい!!!」
そしてついに…!楓から10m近く引き離した。やった…!これで乗る必要無くなった!!後は私でいいやと思ったけど。後数mだったから任せよっ!頑張って…!そして…!悠&私で勝った。
『やった〜!あとでアイスおごってよなwww』
ええ!もちろん何個でもおごりますよ〜!
『良かったじゃ〜ん!!アイスは多分ビックサイズ10個いくかもしんないからねっ!気をつけて〜!』
そっか!アイスおたくだからそうなのか。さらにこういうところのアイスって高いのか…!でもいいよ!すると…。
『お前らに負けたから俺は乗るけど、途中で第三者にバトンパスするという反則行為したからお前ら二人も乗れよ。香は一人だと困るはずだから…!じゃあ、みんなで乗るよっ!』



guest

No.75 アーモンドミルク 221.248.25.104
2017/10/23 23:32:47 削除依頼

どういう風の吹き回しなの?!意味わからないんだけど!!それはみんな同じらしくて。
『楓何言ってんの?』
『全部最初に言おーよ』
って反抗している。
「嫌ですっ!アンタだけ乗ってきなさいっ!」
私も反抗すると。
『うえっ?俺はいいけどお前も乗れよwww』
なんでそ~ゆー事になったんですか。
『俺はお前がいないと寂しいんだよw』
と言いながら寄りかかってきた。気持ち悪いなー。
「あれはまじで死んでも嫌だけど、あそこのコーヒーカップならいいけど?」
『へぇ〜?いいよ?』
コーヒーカップは小さい頃から乗ってるから割りと慣れている。これで行けないかなと思ったけどそれは違っていたのだった。



このタイトルには現在74件のコメントがあります。 最大500件まで投稿できます。
  • 上へ
  • 上へ
ワンポチランキング
  • 恋もおしゃれも勉強もぜ〜んぶいただき!進学先は第一学院高等学校に決定!
  • 新スタイルLIVE授業ふみスクール
  • プロのカウンセラーに無料相談
  • ふみチャンネル
  • 第一学院高等学校で自由に選べる勉強スタイル
  • カウンセリング

    友だちや親など、誰にも言えない悩みをプロのカウンセラーに聞いてもらおう!
     
  • 【10⁄2更新】プレゼントコーナー10月号

    秋のモテ服当たる★簡単なアンケートに答えて応募してね!
     
最近見たスレッド
履歴なし