掲示板
  • SORENA(ソレナ)
  • ガールズトーク
  • プリクラ
  • 23モ
  • フミプレ
小説へ戻る

歌姫ー記憶の蝶ー

[コメント] 11

avatar
°羅 2017/03/27 16:51:20  削除依頼




 “なあ、お前は覚えているか?初めてあった日、そしてお前が旅に出た日を…”


 ー御挨拶-
 お久しぶりです、元「ドラジェ」のニクネを使わせて頂いてた「°羅(どら)」です。久々に小説を書かせて頂きます…!!今作は歌姫シリーズの過去編を書こうと思っています、この過去編で歌姫シリーズに影響する可能性“大”かも知れませんが、もし見ていただければ幸いです…!!

 -注意事項-
 ・まず、この小説は「ファンタジー×恋愛×シリアス」の中心になります。
 ・カイsideの話「魂の守護者〜カイ〜」は訳があり消させて頂きました。
 ・初登場キャラの名前が元々居るキャラの名前と一文字違いです(闇姿と同名な為闇姿の名前を変えさせて頂きます)
 ・中傷、悪コメ、荒らしはご了承ください。
 ・前作品URLは次のコメントで貼らせて頂きます


拍手(2)拍手する


投稿する

更新する全件表示

deleted

No.1 ❤櫻井 みりあ❤ 2017/03/27 16:53:55  削除依頼

頑張って下さい!
私も小説を書いているので、参考にさせていただきます!!



avatar

No.2 °羅 2017/03/27 16:55:18  削除依頼




 前作品URL☟☟☟(当時非会員)
 http://bbs.fumi23.com/show.php?article_id=2413400&page=new&bbs_id=107

 ※誤字、脱字、変な文章有る可能性あります。




avatar

No.3 °羅 2017/03/27 16:59:35  削除依頼




 ❤櫻井 みりあ❤様
 コメントありがとうございます…!!頑張りますね!!




avatar
46409773258d8c8733749b.jpg

No.4 °羅 2017/03/27 17:08:51  削除依頼




   cast*°
 【名前】カンナ
 【性別】女
 【歳】23歳(当時は22)
 【性格】かなりのツンデレ
 【設定】人間と魔物のハーフ、今話題の歌姫と言われており、かなりの人気。少し口調は老人口調だが根は良い人物、実は子供と蛙が苦手で子供とは会話すると喧嘩口調になってしまう事が多いがある少年に出会いその少年とは仲良くなる。(しかし子供は慣れない)腰には二丁拳銃を付けている。

 画像はアバター作成サイトCHARATから作らせて頂きました。




avatar
186322697658d8dea6804bb.jpg

No.5 °羅 2017/03/27 18:43:25  削除依頼




   cast*°
 【名前】カイト・アイフィール
 【性別】男の子
 【歳】14歳(当時は13)
 【性格】明るく機械いじりが好きだが、喧嘩などをするとすぐ涙目になってしまう事が。
 【設定】歌姫カンナに片思いをしている少年、育ちはアクアソルト街(海の街とも)に住んでいたが訳があり家を出てしまう。父親は軍人で大佐を務めている。いつもジャージで上までチャックを閉めており、軍手を着けている(画像は手袋などつけられないため素手(?)です)肌を見せない格好をいつもしているがそれには理由が…。

 ※追記です、不定期更新な為いつ更新するかは分かりません。

 画像はアバター作成サイトCHARATから作らせて頂きました。(背景水またなのは気にしないでください。)

 キャスト紹介はこの2人だけさせていただきます。他キャストは前作品URLから見ていただければ幸いです。



avatar

No.6 °羅 2017/03/27 19:34:10  削除依頼




 [Memory-I-]


 太陽明るくを照らしている午前、飛空艇にはフネが1機止まっている。二階建て構造のフネの中には本棚がある部屋もあり、その本棚の部屋には1人の女性がガタガタ…と音を立てて何かの本を取ろうとする。

 「…ったく、一体どこに有るんだ?」

 と、愚痴を零し苛立ちながらも腕を必死に伸ばす。そしてやっとの所探していた1冊を取る、表紙には大文字で“ALBUM”と書かれている。

 「こんな所に…。」

 「はぁ〜…。」と大きな息を吐いたあと、その場にペタン…と座り込む。何故アルバムを探していたかと言うと、夜久々に懐かしい夢を見たらしい。

 「部屋に持っていくか。」

 ガチャ…と本棚がある部屋から出ると、銀髪の女性と茶髪の少年が楽しそうに話している。すると銀髪の女性が気付き話し掛けてくる。

 「あっ…カンナさん、探し物見つかったんですか?」

 「お陰様で。」

 「そうですか、その探し物って…。」

 目線を手に移すと、“ALBUM”と書かれた本をまじまじと見る。

 「アルバム…?」

 「ああ、少し気になってな。」

 「私も見ていいですか?」

 「別に構わんが…?」

 少し会話した後、部屋では無く操縦席もある広い場所に移る。まだ出発する時間では無いため操縦席の運転役は居ない。シーン…とした広い部屋には大きな折りたたみテーブルが置いてあり、パイプ椅子が計10個が横に並んでいる。ガタッ…と椅子に座るとパラパラとアルバムを捲り出す。何枚か捲るとカンナの目に1枚の写真が目に止まる。そこにはラナ(銀髪の女性)と同じ髪色の少年が無邪気な笑顔で写っている。

 「……。」

 「あの…この子は…?」

 黙り込んだカンナを見て話し掛けるすると「ああ…コイツは。」と呟いたあとフッ…と笑みを浮かべさせる。

 「こいつは…、1年前ぐらいに一緒に旅した“ガキ”だ。」

 「えっ…でも、カンナさん子供苦手だったんじゃ…。」

 「うっせぇ…!!こっちにも色々訳が有るんだ!!」

 少し頬を赤く染め怒鳴り付ける。

 「ま、まあまあ!!そんな怒鳴んなくても…あっ、そうだカンナさん…その子の話聞かせてくれません?」

 「…分かった、聞かせてやる。」

 そう言うと、少年の話をする事になった。




avatar

No.7 °羅 2017/03/29 18:51:15  削除依頼




 「そうだな、あれは約1年前。私とソイツが初めて会った日の事だ。」


 1年前…────


 初めて会った日は、カンナが屋外ライブをする前の日。準備をしていたカンナ達の前にたまたま通り過ぎようと思った少年が足を止めて何をしているのかと見ていた。気配を感じたカンナはふと目線を少年の方に向ける。

 「おい、そこの“ガキ”!」

 「…!」

 ズカズカと少年の所に早歩きで歩く。吃驚した少年はつい尻餅をついてしまい、動けなくなってしまった。獲物を狙うような目付きで少年を睨みつける。

 「こんな所で何してる!」

 「……っあ、あの…ご、ごめん…なさい。」

 涙目になりながら謝る少年を見て、はっ…と我に帰るカンナ。子供の接し方等やったことが無い彼女はどうすれば良いか分からなかった。

 「そ、その…ボク…ただ通りかかっただけで…!」

 怯えながら説明する彼を見て何て答えれば良いのか分からずしまいだった。子供なんて嫌いで、話したくも無かった。だが、このまま怯えさせるのも可哀想だと思い…。

 「す、すまん。ただガキとは話すの初めてだったから…、こう…何て言えば分からなくてな…。」

 「こちらこそ…すいませんでした。お、驚かせるつもりは…。」

 ゆっくりと立ち上がり、尻餅をついたズボンを叩く。

 「いや、大丈夫だ。だが帰れ。」

 「…っか、帰る所なんて…!」

 「…!?」




avatar

No.8 °羅 2017/03/31 18:24:25  削除依頼




 “帰る所なんて”何かいけない事を聞いてしまったのだろうか?と、カンナは思い口を開き謝ろうとした。それと同時に彼は…。

 「……な、何でも無い…です。は…初めて会うのにすいません…。えっと…その…し、失礼しました…!」

 少年はペコッと頭を下げたあとすぐさまその場を立ち去ってしまった。

 「お、おい…!ガキ!」

 待て!と声を掛けようとしたが、止まる気配も無くそのまま彼の姿は道の曲がり角で見えなくなってしまった。

 「何だったんだ?」

 頭の上にハテナマークを付け、まあ戻るか…。と呟き明日のライブの為の準備を再びやり始める。あの少年とはもう合わないだろうと思いながら近くにあったダンボールを持つ。機嫌が良くなってきたところで自分の曲を鼻歌で歌いながらルンルンとなる。

 「あら、カンナちゃん機嫌良いわね?」

 「どうも、でもさっきまでは少し悪かったですけどね?」

 話し掛けてきたのは、今回屋外ライブの会場を貸してくれた管理人の代理人。チームとして組んでいるカンナを率いるメンバー達は人数が少ない為貸してくれた管理人達もライブの手伝いをしているのだ。

 「あら、そうだったの?」

 「ええ、でも大丈夫です。明日ライブって言うことなのですぐ機嫌も良くなります。」

 「そう?なら良かったわ!」

 クスクス…と笑いあった後、じゃあ急いで準備を終えましょ?と代理人は言い残し、残りの荷物や最後の確認をする為その場を去った。そして夜、最後の確認とリハーサルを終えて明日のためにスタッフやカンナ率いるチーム達はその日は解散として今日を終えた。

 その次の日にはカンナが思っていたこととは違う事が起きたのだ。




avatar

No.9 °羅 2017/04/25 16:25:20  削除依頼




 「…!」

 翌日の事、カンナは朝早くから管理人に起こされ、何事かと思い慌てて起きた。急いで起こされた為、髪は寝癖がつき、服はラフな黒のタンクトップにスウェットパンツの姿だった。

 本題に戻るが、何故慌てて起こされたのかと言うと、ライブに使うスピーカー等の機械が壊されていたのだ。何分間遅れて管理人の代理人も急いできた。

 「な、なんて事!」

 「一体誰がこんな事を!」

 (まさか、“これ”は…。)

 「カンナちゃん、どうしたの?」

 「…犯人分かったかも知れん。」

 ボソッと呟くと、代理人達はええっ!?と驚き、誰がやったの?と聞くと、知りたいか?と聞き返される。

 「え、ええ?」

 「言っとくが、これは“人”の仕業では無いな。」

 「じゃあ…野良猫とか?」

 「それも違う。」

 「えっ…んじゃあ誰が…?」

 ニィ…と笑うと、カンナは人差し指を立て上を指す。上には空しかないが、鳥や飛空挺、魔物が飛んでいる事が多い。

 「“魔物”だ。」

 「ま、まさか…!?」

 「そのまさかだ。」

 何故魔物かと言うと、カンナも魔物血が入っている為、狙われる事もある。なら何で狙われるか?それはカンナの父親が関係しているから。父親は魔物ハンターでもあり、魔物討伐軍の1人でも有るからだ。その為人の言葉を理解する空飛ぶ魔物が父親が率いる討伐軍の誰かに聞き、カンナを狙ったのだろうと推測する。

 「だから、今回のライブは中止だ。」

 「ほ、本当に中止して良いの?」

 「ああ、だってこんな事になったんだしよ。」

 「そう…ね。」

 「だろ?じゃあ止めだ!止め…「カンナちゃん!何か裏口に男の子来てるんだけど…。」」

 スタッフの1人がカンナに呼び掛ける。カンナは分かった着替えてから行く。と言い、一旦部屋に戻って行く。




avatar

No.10 °羅 2017/04/25 16:55:32  削除依頼




 [Memory-Iー] end...

 “あの日出会い、その出会いは凶と出るか吉と出るか”

 ⇒ Next Story




avatar

No.11 °羅 2017/06/05 18:20:47  削除依頼




 [Memory-II-]

 
 部屋着からいつもの姿に着替え、スタッフから呼ばれた部屋に向かう。ドアを開けようとすると、話し声が聞こえてきた。あの少年の声も聞こえる。

 「君、カンナさんに用が有るらしいけど…」

 「は、はい…。少し色々と訳が有りまして…。」

 「そう…てっきりまた子供に怒鳴ったりしたのかと…。」

 バンッ!

 「んな理由あるか!」

 ドアの前で聞いていたカンナは、勢い良くドアを開ける。少し苛立ちを見せるもの、すぐ冷静を保った。少年はビックリし、うわっ!?と声をあげる。

 「っ…あっ、その…すまん。」

 カンナが謝ると少年は涙目になりながら首を横に振り、大丈夫ですっ!とニッコリ微笑む。

 「で、何の用だ?」

 「……。その、昨日はちゃんと謝って無かったので、改めて誤りに来ました。」

 「あー…あん時か。」

 呟いたあと、少年はその言葉にコクッと頷く、だが…とカンナは続けて喋る。

 「もういい、昨日は昨日だろ?」

 「ええっ!?で、ですがっ!「うっさい!私が良いって言ったら良いんだ!」

 (この人…勝手すぎる…。)

 少し呆れた顔をした少年は、もう良いです!と…立ち上がり、ドアノブに手をかけ用事はそれだけなのでと言い残し部屋から立ち去った。

 「カンナちゃん!子供に対して酷i「私がガキが嫌いなの知ってるだろう!?当然の事だと私は思うな!」

 少し興奮気味のカンナの瞳は獣のような鋭い目つきに変わる。スタッフの1人は何も言い返せることが出来ず、ただ立ったままだった。

 部屋に戻ろうとすると、あの少年はまだうろちょろしていた。良く見ると、泣いているように見えた。近づくと少年は涙を拭い、怒った表情を見せる。

 「何の御用でしょうか!」

 「…お前泣いてただろ?」

 「…!」

 図星だったらしく、少年は驚いた表情を見せる。そ、それが何ですか!とまた涙目になり、ぷくーと顔を膨らませる。

 「私の部屋でもう1度話し合うか?」

 「…。」




このタイトルには現在11件のコメントがあります。 最大500件まで投稿できます。
\投稿の注意事項/
フミコミュ!はネット上だけで交流をするコミュニティサイトであり、出会い系サイトではありません。
住所、電話番号、メールアドレス、アプリのID、ゲーム機のフレンドコードといった個人を特定できる書き込みや、恋人の募集は全面的に禁止しております。
また、相手から情報を聞きだす行為や直接会おうとする行為も禁止しており、サイバー犯罪の予防・対処のため「サイバー犯罪相談窓口」に通報をする場合もあります。ルールを守ってご利用下さい。
利用規約を読む!
ニックネーム   このタイトルを上に表示する
※10文字まで。
画像
※おえかきツール・画像BOXを利用される会員さんはしてください。
コメント
※1000文字まで。
※LINEのIDやメールアドレスなど、個人情報の書き込みは禁止です。
※個人情報・アカウント情報・メールアドレスなどの交換や譲渡を目的として外部サイトに誘導する書き込みも禁止です。
※万一そのような書き込みを見かけても、危険ですので絶対に連絡をしないでください。

  • 上へ
  • 上へ
レコメンド


最新書き込みランキング
1位()
もっと見る

利用規約を読む!
ワンポチランキング
  • デジタルJK!?スマートに勉強して夢を叶えちゃおう★
  • 新スタイルLIVE授業ふみスクール
  • プリクラ研究部でプリ新着情報をチェック!
  • ガールズミーティング参加者募集
  • プロのカウンセラーに無料相談
  • ふみチャンネル
  • 第一学院高等学校で自由に選べる勉強スタイル
  • カウンセリング

    友だちや親など、誰にも言えない悩みをプロのカウンセラーに聞いてもらおう!
     
  • 【6⁄1更新】プレゼントコーナー6月号

    ダイエットグッズ当たる★簡単なアンケートに答えて応募してね!
     


いろいろランキング 新着一覧
最新書き込みランキング
    最新書き込みランキング