掲示板
  • SORENA(ソレナ)
  • ガールズトーク
  • プリクラ
  • 23モ
  • フミプレ
ガールズトーク
怖い話・都市伝説へ戻る

意味がわかると怖いはなし

[コメント] 15

avatar
伊野尾 モカ♡ 2016/02/29 18:04:34  削除依頼

今から意味がわかると怖いはなしするよ!
皆も怖い話があったら投稿よろしく!

拍手(0)拍手する


更新する全件表示

guest

No.1 0730 180.220.41.221
2016/02/29 18:10:50 削除依頼

楽しみです



deleted

No.2 東方Love✞魂魄❤咲夜 2016/02/29 18:11:56  削除依頼

https://youtu.be/ymCZwzhY_nQ
おもろいwwwww



deleted

No.3 東方Love✞魂魄❤咲夜 2016/02/29 18:20:49  削除依頼

https://youtu.be/FshdgMH1Ubc
これは?



deleted

No.4 東方Love✞魂魄❤咲夜 2016/02/29 18:22:03  削除依頼

https://youtu.be/unOA_fRVA4o
これも



avatar

No.5 はな。さん 2016/02/29 18:30:30  削除依頼

かごめかごめ



guest

No.6 あおかな 126.74.72.47
2016/03/02 21:02:14 削除依頼

私はタレントだ。
今日はテレビの仕事の罰ゲームで橋からバンジージャンプをする事になった。
安全テストの為スタッフが何回も跳んでくれてる。
安全が確認されいよいよ私が跳ぶ番だ。
しかし地面近くまで落ちていくスタッフを何度も見た為怖くて跳ぶ決心がつかない。
そこへ
スタッフ「怖いなら今から分厚いマットを落下地点に敷きますよ。
これなら安心でしょう」
と言ってマットを敷いてくれた。
これなら安心だ。
よし跳ぼう



guest

No.7 チェックボックス 1.66.100.104
2016/03/05 14:14:26 削除依頼

何人のスタッフが亡くなったんだろう?



avatar

No.8 れもゆ 2016/03/31 12:01:33  削除依頼

「足音」

私は、一国の姫で三人兄弟の末っ子。二人の兄がいる。

ある日の夜中。
私は、突然御手洗いに行きたくなり、一人寝室を出て長い廊下を歩いた。

すると、私しかいない廊下で私のとは違う足音が聞こえた。
私は、一度止まる。それでも、足音が止むことはなく、段々近づいている。

私は、走った。
そして御手洗いの前につき、決心して振り向いた。

そこにいたのは、私の兄だった。

「あ、あれ?お、お兄様?さっきの足音は?」

「足音?あぁ、俺は今トイレから戻って来たんだ。」

「まぁ、お兄様は楽ですわねぇ!!お部屋の前に御手洗いがあるもの♪」

なんだ、さっきの足音はお兄様の足音でしたのね♪



avatar

No.9 れもゆ 2016/03/31 12:05:20  削除依頼

ある女2人が夜中に近所の廃病院に、肝試しに来ていた。その時の会話。

「何もいないね~」
「そうだね」
「もう夜遅いし、良かったらうち来る?」
「え?いいの??」
「行きたいー!」
「じゃあ、行こっかぁ」

2人の女は廃病院を後にした。



guest

No.10 チェックボックス 1.66.98.48
2016/03/31 16:14:28 削除依頼

トイレと兄さんの部屋が近いのに足音の時間が長い、トイレから兄さんの部屋に戻るのに、トイレに向かう足音がおかしい。



guest

No.11 チェックボックス 1.66.98.48
2016/03/31 16:16:50 削除依頼

2人しかいないのに会話が3人になってる。
「え?いいの??」
この次「行きたいー!」がおかしい。
つまり何かがいた。



guest

No.12 チェックボックス 1.66.98.48
2016/03/31 16:21:51 削除依頼

透明人間の話する?
あまりコワクないけど?



avatar

No.13 れもゆ 2016/03/31 18:11:11  削除依頼

>No.12
是非聞かせて!



guest

No.16 Hochwasser 121.103.203.220
2017/05/27 01:42:40 削除依頼

俺の地元は山奥で、赤い果実が有名だ。
秋になると、村の南にある講堂に皆が集い、音楽を奏でる宴を開く。
そこでは、人だけでなくいろんな噂も集まってくる。これはその中の一つの話。

とある村人が山道を登っていたら、大きな石にぶち当たった。
昨日までなかったはずの、その石の佇まいに、村人は悲鳴を上げ山をにしわけた。
下りてから、出会った男に事情を説明した。男は一言「そのなみ、しやり」とだけ言い、山に入っていった。
次の日、村人が同じ山道を行くと、大きな石は無くなっていたが、そこには掌の形に束ねられた木の枝が落ちていたという。

宴でこの話を聞いた人々は、皆にやりと笑い、海沿いの一つの家を指差し、意地悪く囁きあう。
その家は、かつて漁師が住んでいたが、現在は空き家だ。
恐らく数ヶ月後には取り壊されるが、そうすればこの噂も風化してしまうだろう。



guest

No.17 そのなみ、しやり 126.225.83.58
2017/09/09 21:55:52 削除依頼

の話、意味がわからなくて… ググってもでてこない。正解わかる人います?



このタイトルには現在15件のコメントがあります。 最大500件まで投稿できます。
  • 上へ
  • 上へ
ワンポチランキング
  • 恋もおしゃれも勉強もぜ〜んぶいただき!進学先は第一学院高等学校に決定!
  • 新スタイルLIVE授業ふみスクール
  • プロのカウンセラーに無料相談
  • ふみチャンネル
  • 第一学院高等学校で自由に選べる勉強スタイル
  • カウンセリング

    友だちや親など、誰にも言えない悩みをプロのカウンセラーに聞いてもらおう!
     
  • 【10⁄2更新】プレゼントコーナー10月号

    秋のモテ服当たる★簡単なアンケートに答えて応募してね!
     
最近見たスレッド
履歴なし